<20202021.4月撮影

 

▶研究活動・研究室メンバー・研究内容

▶研究業績(原著論文・一般出版物・学会発表)

<2022>  (順次更新)

原著論文

  1. Sakakura M, Takata Y, Kimura C, Matsuda S, Takamura T, Nagaoka S (2022) Limited proteolysis by a prostatic endopeptidase, the sperm-activating factor initiatorin, regulates the activation of pro-carboxypeptidase B in the seminal fluid of the silkworm, Bombyx mori. Insect Biochemistry and Molecular Biology. Volume 148, September 2022, 103819 https://doi.org/10.1016/j.ibmb.2022.103819 

  2. Ohkawara K, Kamei Y, Akino T (2022) Anting behavior in birds: the behavioral patterns and the interactions with ants in the subgenus Dendrolasius of the genus Lasius.  Journal of Ornithology. https://doi.org/10.1007/s10336-022-01974-5

  3. Kandori I, Miura S, Yano E, Yoneya K, Akino T(2022)Verbena × hybrida and Scaevola aemula flowers provide sugars for the reproduction of Nesidiocoris tenuis used for biological pest control in greenhouses”. Journal of Pest Science. https://link.springer.com/article/10.1007/s10340-022-01536-x 

  4. Yano S, Konishi M, Akino T(2022)“Avoidance of ant chemical traces by spider mites and its interpretation”. Experimental and Applied Acarology. Open Access. Published: 25 October 2022. https://link.springer.com/article/10.1007/s10493-022-00752-5

紀要・総説・著書など

  1.  秋野順治(2022)”天然資材によるシロアリ誘引効果および忌避効果の検証” しろあり 177:36-37
  2.  秋野順治(2022)“不易流行のセミオケミカルによる昆虫行動制御” 蚕糸バイオテック 91(3):167-176

学会発表

  1. 川本晴俊・秋野順治 2022.3 日本応用動物昆虫学会大会@明治大学(オンライン開催)
  2. 小西麻結ら 2022.3 日本応用動物昆虫学会大会@明治大学(オンライン開催)
  3. 鳥海岳志ら 2022.3 日本応用動物昆虫学会大会@明治大学(オンライン開催)
  4. 金藤栞ら 2022.3 日本応用動物昆虫学会大会@明治大学(オンライン開催)
  5. 波部峻也 ら 2022.3 日本応用動物昆虫学会大会@明治大学(オンライン開催)
  6. 鳥海岳志・秋野順治 2022.3 日本応用動物昆虫学会大会@明治大学(オンライン開催)
  7. 三高雄希ら 2022.3 日本応用動物昆虫学会大会@明治大学(オンライン開催)
  8. 濱口京子ら 2022.3 日本応用動物昆虫学会大会@明治大学(オンライン開催)
  9. 谷尚樹ら 2022.9 植物バイオテクノロジー学会第39回大会@大阪公立大学
  10. 矢野修一ら 2022.9 第31回ダニ学会@京都大学
  11. 竹内剛ら 2022.11 日本動物行動学会第41回大会@福岡クローバープラザ
  12. Yanoら 2022.12  XVI International Congress of Acarology 2022, Auckland, New Zealand

<2021>  

原著論文

  1. Eric Hyrmeya Savadogo et al.(2021)”Gene expression of PLAT and ATS3 proteins increases plant resistance to insects“ Planta 253, Article number: 37 (https://doi.org/10.1007/s00425-020-03530-y)
  2. Nagaoka S et al.  (2021)” Identification and characterization of fructose-1,6-diphosphate aldolase in seminal fluid of the silkworm, Bombyx mori.”, Journal of Insect Biotechnology and Sericology. 90: 11-16

紀要・総説・著書など

  1. 秋野順治(2021) ”匂い”が繋ぐ昆虫・植物と人の日常生活  ~化学生態学的な相互関係~”” 香料 290:21-29

学会発表

  1.  三高雄希・秋野順治 2021.3 日本生態学会大会@東北大学(オンライン開催)
  2. 小西 麻結ら 2021.3 日本応用動物昆虫学会大会@島根大学(オンライン開催)
  3. 川本 晴俊・秋野 順治  2021.3 日本応用動物昆虫学会大会@島根大学(オンライン開催)
  4. 矢野 修一ら 2021.3  日本応用動物昆虫学会大会@島根大学(オンライン開催)
  5. 波部 峻也ら 2021.3  日本応用動物昆虫学会大会@島根大学(オンライン開催)
  6. 藤井 星渚ら 2021.3  日本応用動物昆虫学会大会@島根大学(オンライン開催)
  7. 秋野 順治  2021.3  小集回・日本応用動物昆虫学会大会@島根大学(オンライン開催)
  8. 三高 雄希  2021.3  小集回・日本応用動物昆虫学会大会@島根大学(オンライン開催)
  9. 堀元栄枝 2021.6 近畿作物・育種研究会第190回例会 (オンライン開催)
  10. 矢野 修一ら 2021.9 日本ダニ学会@京都大学(オンライン開催)
  11. 鳥海岳志ら 2021.9 日本ダニ学会@京都大学(オンライン開催)

 


<2020> 

原著論文

1 中元朋実 (2020) アマ(Linum usitatissimum L.)品種の分枝特性と栽植間隔に対する反応.日本作物学会記事89, 40-45. 

2 Mitaka Y, Tasaki E, Nozaki T, Fuchikawa T, Kobayashi K, Matsuura K (2020) Transcriptomic analysis of epigenetic modification genes in the termite Reticulitermes speratus. Insect Science 27(2): 202-211. doi: 10.1111/1744-7917.12640

3 Mitaka Y, Matsuyama S, Mizumoto N, Matsuura K, Akino T (2020) Chemical identification of an aggregation pheromone in the termite Reticulitermes speratus. Scientific Reports 10:  7424. doi:10.1038/s41598-020-64388-4

4     Mitaka Y, Matsuura K (2020) Age-dependent increase in soldier pheromone of the termite Reticulitermes speratus. Journal of Chemical Ecology 46: 483–489.  do:10.1007/s10886-020-01182-6

5 Takeda T, Sakata D, Nishikawa Y, Mizuno T, Akino T (2020) Intake of plant resin through the genitalia of two Asian assassin bugs (Reduviidae: Harpactorinae: Harpactorini)” Journal of Insect Behavior 33: 166–173.  doi: 10.1007/s10905-020-09757-7 

6     Mitaka Y, Akino T (2020) A Review of Termite Pheromones: Multifaceted, Context-Dependent, and Rational Chemical Communications. Front. Ecol. Evol. 8: 595614. doi: 10.3389/fevo.2020.595614

紀要・総説・著書など

  1. 一田(高濱)昌利ら(2019) イタリアから渡来した養蚕教材について 京都工芸繊維大学学術報告書13:1-13 

学会発表

 矢野修一ら 2020.3.第64回日本応用動物昆虫学会@名城大
2 小西麻結ら 2020.3.第64回日本応用動物昆虫学会@名城大
3 川本晴俊ら 2020.3.第64回日本応用動物昆虫学会@名城大
4 坂田大介ら 2020.3.第64回日本応用動物昆虫学会@名城大
5 三高雄希ら 2020.3.第64回日本応用動物昆虫学会@名城大
6 坂田大介ら 2020.3    第67回 日本生態学会@名城大
7 Mitaka Y et al. 2020.7   ICE2020@Helsinki (次年に開催延期)
8 三高雄希・秋野順治 2020.11 第39回日本動物行動学会@東京農工大(オンライン開催)


<2019>

原著論文

1 藤澤瑞希・花崎直史・瀧川 義浩・柳川 綾・松川 哲也・秋野 順治・梶山慎一郎・荒井 滋 (2019) 三枝祭御神花ササユリ Lilium japonicum花香 が有する心理的なリラクゼーション効果. 生薬学会誌 73(1)1-6

2 中元 朋実 (2019) 油料アマ(Linum usitatissimum L.)の播種適期に関する研究. 日本作物学会紀事 88(2) 143-148 

3 Fujiwara-Tsujii N, Yasui H, Yasuda T, Wakamura S, Akino T, Fukaya M, Suzuki T, Hoshi T, Hagiwara H and Ono H (2019) Pheromone activity of synthetic contact sex pheromne, Gomadalactones, in male white-spotted longhorn beetle, Anoplophora malasiaca (Coleoptera: Cerambycidae). Journal of Chemical Ecology 45(5-6): 440-446

4 Nakamura T, Harada K, and Akino T (2019) Identification of methyl 6-methylsalicylate as the trail pheromone of the Japanese pavement ant Tetramorium tsushimae Emery (Hymenoptera: Formicidae). Journal of Applied Entomology and Zoology 54(3):297-305

5 Mizuno T, Hagiwara Y, Akino T (2019) Varied effects of attending ant species on development of facultative myrmecophilous lycaenid larva. Insects 10(8), 234  

6  Takata M, Mitaka Y, Steiger S, Mori N (Accepted) A parental volatile pheromone triggers offspring begging in a burying beetle. iScience. doi: 10.1016/j.isci.2019.06.041 (First Online: 12 September 2019) 

紀要・総説・著書など

 一田(高濱)昌利 (2019) クワコの飼育 (特集 飛翔するクワコの生態学) 蚕糸・昆虫バイオテック 88, (1), 39-43.

2 花﨑 直史, 岩佐 郁, 藤澤 瑞希, 高橋 康樹, 柳川綾, 梶山慎一郎, 瀧川善浩, 松川哲也, 荒井滋, 秋野順治 (2019)   三枝祭の御神花ササユリLilium japonicumの花香が示す抗菌性.  アロマリサーチ 78(20-2): 137-143 <Abstract>

  3 秋野順治 (2019) 好蟻性シジミチョウの化学擬態戦術  昆虫と自然 11月 特集号

 

学会発表

 矢野修一・秋野順治 2019.3.第63回日本応用動物昆虫学会@筑波大学
2 辻井直ら 2019.3 第63回日本応用動物昆虫学会@筑波大学
3 坂田大介ら 2019.3.第63回日本応用動物昆虫学会@筑波大学
4 秋野順治ら 2019.3.第63回日本応用動物昆虫学会@筑波大学
5 三高雄希・高田守 2019.3.第63回日本応用動物昆虫学会@筑波大学
6 善木由美香・秋野順治 2019.3.第63回日本応用動物昆虫学会@筑波大学
7 笘慎一郎・秋野順治 2019.3.第63回日本応用動物昆虫学会@筑波大学
8 藤田大輔・秋野順治 2019.3.第63回日本応用動物昆虫学会@筑波大学
9 田中大貴ら 2019.3.第63回日本応用動物昆虫学会@筑波大学
10 田﨑英祐・三高雄希ら 2019.3.第63回日本応用動物昆虫学会@筑波大学
11 Takata M and Mitaka Y  2019.3.  第66回 日本生態学会@神戸国際会議場
12 Sakata D et al.  2019.3.第66回日本生態学会@神戸国際会議場
13 花﨑直史ら 2019.3.第66回日本生態学会@神戸国際会議場
14 藤澤瑞希ら 2019.3.日本農芸化学会@東京農業大学
15 塩見祐生ら 2019.3.日本農芸化学会@東京農業大学
16 Mitaka Y and Takata M  2019.8. APACE 2019@Hangzhou, China
17 三高雄希ら 2019.12 第42回日本分子生物学会年会@福岡国際会議場
18 田崎英祐ら 2019.12 第42回日本分子生物学会年会@福岡国際会議場
19 秋野順治ら 2019.12 人間植物関係学会・日本園芸療法学会合同大会@東京農業大学

 

シンポジウム

  1 Symposium of Behavioral Ecology: Social Insects and Beyond
     (Prof.GADGAKAR来日記念シンポジウム)2019.2.23@京都大学セミナーハウス

    Toshiharu AKINO  “Cuticular lipids as communication tools in ants”


<2018>

原著論文

1 Mizuno T, Hagiwara Y, Akino T (2018)  Chemical tactic of facultative myrmecophilous lycaenid pupa to suppress ant aggression. Chemoecology 28(6): 173-182

2 中元朋実・堀元栄枝(2018)油料アマ(Linum usitatissimum L.)の栽植密度が収量と収量構成要素に及ぼす影響. 日本作物学会紀事 87:61-66

3 Mizuno T, Hayashi M, Akino T (2018)  Combined use of two defensive traits in pupae of Scymnus posticalis ladybirds. Ethology 124(7): 468-474

 

学会発表

 大河原恭祐ら 2018.3.  第62回 日本応用動物昆虫学会@鹿児島大学
2 中村哲朗・秋野 順治  2018.3.  第62回 日本応用動物昆虫学会@鹿児島大学
3 坂田 大介・秋野 順治  2018.3.  第62回 日本応用動物昆虫学会@鹿児島大学
4 櫻田 理地ら 2018.3.  第62回 日本応用動物昆虫学会@鹿児島大学
5 神野壮大ら 2018.3.  第62回 日本応用動物昆虫学会@鹿児島大学
6 大前 勝利ら 2018.3.  第62回 日本応用動物昆虫学会@鹿児島大学
7 中元朋実・山岸順子 2018.3. 第245回日本作物学会講演会@宇都宮大学
 D. Sakata & T. Akino 2018.3. 第65回 日本生態学会@北海道大学
9 T. Nakamura & T. Akino 2018.3. 第65回 日本生態学会@北海道大学
10 花﨑直史ら 2018.3. 第65回 日本生態学会@北海道大学
11 中元朋実・山岸順子 2018.3 第245回日本作物学会講演会@宇都宮大学
12    Tomaru M and Akino T. 2018.4.  59th Annual Drosophila Research Conference@ Philadelphia,USA
13 宮地遥ら 2018.4. 第65回 第65回日本シルク学会@桐生市市民文化会館
14 小山光貴ら  2018.4.  第57回 日本雑草学会大会@東京農工大学
15 Mitaka Yら  2018.8 IUSSI) 2018@Guarujá, São Paulo, Brazil
16 都丸雅敏・秋野順治 2018.9 第37回 日本動物行動学会大会@京都大学
17 秋野順治 2018.9  第37回 日本動物行動学会大会@京都大学
18 中村哲郎ら 2018.9  日本農芸化学会関西支部 第505回講演会@京都工芸繊維大学
19 一田(高濱)昌利ら 2018.9  日本農芸化学会関西支部 第505回講演会@京都工芸繊維大学
20 坂田大介ら 2018.9  第78回 第78回 日本昆虫学会大会@名城大学
21 山田藍生ら 2018.9  第78回 第78回 日本昆虫学会大会@名城大学
22 藤沢瑞希ら 2018.9.  第70回 日本生物工学会大会@関西大学千里山キャンパス
23 高田守・三高雄希 2018.9   第37回 日本動物行動学会@京都大学吉田キャンパス
24 畠中知子・中元朋実ら 2018.11 第39回 種子生理化学研究会@岩手大学
    


<2017>

原著論文

 Nakamura T, Nguyet VTA, Kato S, Arii Y, Akino T, Izawa S (2017) Trans 18-carbon monoenoic fatty acid has distinct effects from its isomeric cis fatty acid on lipotoxicity and gene expression in Saccharomyces cerevisiae. Journal of Bioscience and Bioengineering 123: 33–38.

学会発表

1 善木由美香・秋野順治 2017.12 昆虫学会近畿支部会@Isiteなんば
2 笘慎一郎・秋野順治  2017.12 昆虫学会近畿支部会@Isiteなんば
3 永田利光・一田昌利・秋野順治  2017.12 昆虫学会近畿支部会@Isiteなんば
4 秋野順治 2017.11 機能性フィルム研究会関西例会@京都テルサ
5 櫻田理地・秋野順治・矢野修一 2017.10 日本ダニ学会@鹿児島大学
6 都丸正敏・秋野順治  2017.8 日本動物行動学会@東京大学駒場キャンパス
7 T Mizuno, S Yamaguchi, I Yamamoto, R Yamaoka, T Akino 2017.8 ISCE/APACE@龍谷大学深草キャンパス
8 T Nakamura, T Akino 2017.8  ISCE/APACE@龍谷大学深草キャンパス
9 D Sakata, T Akino 2017.8  ISCE/APACE@龍谷大学深草キャンパス
10 水野尊文・萩原康夫・秋野順治 2017.3. 日本応用動物昆虫学会@東京農工大学
11 神野壮大・秋野順治・蔵本博史・蔵本厚一・柳川綾 2017.3. 日本応用動物昆虫学会@東京農工大学
12 中村哲朗・秋野順治 2017.3. 日本応用動物昆虫学会@東京農工大学
13 亀原 隆・松崎 俊治・秋野 順治  2017.3. 日本応用動物昆虫学会@東京農工大学
14 水野尊文・萩原康夫・秋野順治 2017.3. 日本生態学会@早稲田大学
15 武田竜典・秋野順治・長岡純治 2017.3. 日本生態学会@早稲田大学
16 菱川雄紀・秋野順治・塚田森生・樋口浩和 2017.3. 日本生態学会@早稲田大学
17 花﨑直史・秋野順治・柳川綾・梶山慎一郎・瀧川義浩・松川哲也・荒井滋 2017.3.         
   日本生態学会@早稲田大学
18 秋野順治  2017.2. 京都大学生存圏 第335回 ミッションシンポジウム@宇治黄檗きはだホール